フォルスクラブの上場により更に期待が高まるコンテンツ


フォルスクラブはインターネットを通じて、
eラーニングのコンテンツを様々配信しています。
学習内容のコンテンツが充実しており、
子供から大人まで幅広い世代が学ぶことができます。
そんなフォルスクラブは上場により、
更に期待が高まるコンテンツが様々あります。

資格対策講座は、文字通り資格受験のためのコンテンツです。
能動的に効率のよい新しい資格の学習方法でもあります。
フォルスクラブの上場により、期待が高まるコンテンツの一つです。
講義は受けたり見るだけではなく、能動的なオンライン学習形式です。
見るに加えて教科書を読み、単語帳で覚えて、
問題集を解くという3つの学習をオンラインで行えます。

そうすることで実践的な対策が出来るのです。
弱点である箇所は反復することで学習し、習得します。
また五感をフル活用したコンテンツにより、目でテキストを読み、
耳で講義を聞き、指を使って問題を解きます。
五感をフルに活動させることで効率よく学習ができます。
これらが資格対策に役に立つ為、
フォルスクラブの上場により更に期待が高まっています。

大学入試対策講座は、一流の講義内容や豪華な講師陣により
入試対策が出来るコンテンツです。
フォルスクラブの上場前から評判です。
メリットは自宅や出先であっても、インターネットを接続出来るなら
どこでも講義が受けられるところにあります。
大学入試を分析・研究を重ね、
教える技術を研磨してきた講師陣なので優れた大学合格メソッドを提供します。
理解して覚えるまで徹底的に繰り返し学習ができるのです。
様々なコンテンツを持つフォルスクラブは上場により、更に期待感が増しています。
上場することでより充実したコンテンツになることでしょう。



ねずみ王子はフォルスクラブでIELTS対策をしたい


ねずみ王子がフォルスクラブに新しく望むコンテンツとして、
IELTS(アイエルツ)対策を挙げます。
世界で290万人が受験しており、
留学前の審査や海外移住のための審査として
大いに役に立つ検定として広く認知されています。

ねずみ王子はフォルスクラブでTOEICの勉強をしていますが、
これが通用するのはアジア圏内くらいです。
中国支部、タイ支部、シンガポール支部に行くなら
TOEICの点数はかなり重要ですが、
欧州諸国でしたらTOEICは全くと言っていいほど通用しません。
国際免許証を取得するために、
ねずみ王子はフォルスクラブでIELTS対策が出来たらいいなと考えています。

TOEICとIELTSは内容が全然違います。
TOEICはリーディングとリスニングを重視しているのに対し、
IELTSはスピーキングを大事にしています。
フェイストゥフェイスの英会話の実力を身に付けるのなら、
IELTSは必須と言えるでしょう。
となると、フォルスクラブでIELTS対策をするとしたら、
どのような教材になるのでしょうか?

機械相手に生きた英語を習得するのはかなり難しいとねずみ王子は考えます。
ねずみ王子はフォルスクラブにIELTS対策を望んでも、
現実問題としてスピーキング能力を鍛えるコンテンツを作れないかもしれません。
人工知能がもっと進化しないと、
フェイストゥフェイスの英会話レッスンを機械相手に出来ませんね。

IELTSはスピーキングのほか、リーディング、ライティング、
リスニングも試験します。
スピーキング以外でしたら、
ねずみ王子がしているフォルスクラブで十分な対策をすることが出来そうです。
後者3つはすべて同時に行いますが、
スピーキングは別会場・別日時での受験となります。
英検のように、直接人を介した試験を行うのです。

ただし、英検3級みたいに気合で乗り切れるものではありませんので、
しっかりと英文法をマスターしましょう。
英語での話し方も色々とありますが、とりあえず、
初対面の目上の人に対する話し方で大丈夫だとねずみ王子は思っています。
フランク過ぎて落とされることはないかもしれませんが、
あんまり変なことをすると、備考欄に注意書きをされてしまうかもしれませんよ。