香港市場を狙っているフォルスクラブ


フォルスクラブが香港市場に参入、
つまりは海外上場するには
いくつかの課題をクリアする必要があります。
一番の課題は、将来性を提示することだと言えます。
株式会社の本質は恒久的に成長し続けることであり、
そうした未来の情報を明確に根拠を含んで証明しないと、
上場の許可は降りません。
実績は元より、今後のプランなどを検討して、
審査されるそうです。
日本の証券会社はちょっと違います。
日本だと、内部統制がしっかりとしているかを重要視しています。
この辺りは文化の違いというやつかもしれません。
それゆえ、フォルスクラブのように香港市場
狙っている企業は意外と多いのです。

フォルスクラブが香港市場を狙う理由はいくつかあります。
まず、上場に関する費用を安く抑えることが可能です。
意外と知られていませんが日本市場は、
上場の審査を依頼するだけでも400万円、
実際に上場を開始するのに1000万円以上掛かります。
また、年間の上場料というのもあります。
これらの費用がかなり格安なのが
香港市場なのでフォルスクラブをはじめとする多くの企業から
人気を集めているのです。

もちろん、メリットだけではありません。
海外の株主の文化を考慮したり、
上場の審査が現地の言葉(でも英語が多い)であったり、
色々と苦労が多いのが海外上場です。
しかし、審査の基準が日本とは異なるので、
検討する余地はあるかもしれません。
香港市場は世界でも5指に入る程、人気の証券取引所なので、
世界中の企業や個人が注目していると言えます。